LunaPharmacist

月の裏で会いましょう

2017年11月




読んでいてピンとこない単語について、拾って調べて並べました。
参考にしていただけたら幸いです。

1話

「開放骨折」
骨折部位が体表面に突出している骨折。

cf.) 非開放骨折
(ソース:http://www.jrc.or.jp/activity/study/safety/fracture/index.html)

「HCU」
= High Care Unit. 準集中治療室
集中治療室であるICU(IntensiveCareUnit)と一般病棟の中間に位置する病棟。

その位置からもわかるように、ICUで診るには軽度であり、一般病棟に送るには緊急時対応が求められる患者が入る病棟。
cf.) CCU(心臓血管疾患集中治療室), NICU(新生児集中治療室), SCU(脳卒中集中治療室), SICU(外科系集中治療室)
(ソース:https://j-depo.com/news/hcu.html)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Question:ベピオゲルは既存薬に比べてどの点が優れているか?
Answer:
ベピオゲルは薬剤耐性菌の報告がなく、短時間で殺菌する
既存薬剤耐性菌・バイオフィルム形成菌に対しても殺菌作用がある

(動画URL:https://www.maruho.co.jp/medical/bepio/product/biofilm.html)
bepioger

従来の抗菌薬

薬剤耐性菌の発現が問題となっている(治療効果の低下)
合成阻害による殺菌であるため、増殖期でないと殺菌作用を示さない

過酸化ベンゾイル

薬剤耐性を引き起こさない
増殖期以外でも殺菌作用を示す(即効性あり)
既存薬剤耐性菌・バイオフィルム形成菌に対しても殺菌作用を示す

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


Question:眼圧(眼内圧)とは?
Answer:
眼球の形状を保つための圧力。
日本人の平均眼圧は14.5mmHg. 正常の眼圧は10~20 mmHg
ただし、正常眼圧でも緑内障である可能性も否定できない。


薬学生が必ず覚えている「疾病による薬剤の服用禁忌」の最たる例に、抗コリン薬の禁忌があります
いわゆる「抗コリン薬は眼圧の上昇をもたらすため緑内障禁忌」ですね
添付文書上の記述では、[眼内圧を高め、症状を悪化させることがある]となっております。

緑内障だけでなく、前立腺肥大症の患者への禁忌も同様に抗コリン作用にもとづきます。

引っ掛け問題で問われるのは「眼圧の上昇or低下」ですが、そもそも「眼圧とはなんぞや?」と気になりました。
血圧は140mmHg/90mmHg以下を目指すもの。
ならば、眼圧はいくつが正常値?

これらの疑問について、説明できなかったので調べました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ