100.89
医薬品配合変化
→IFで確認

97.103
ピロリジン……プロトンを受け取れる→塩基性あり
ピロール……p軌道に収容され、受け取れない→塩基性なし

ピリジン……六員環で6こ
ピロール……五員環で6こ→求電子置換反応されやすい

102.125
相対危険度……要因による発症への作用の強さ
寄与貢献度……要因をのぞくことでリスクがどれほど減少できるか


102.168
心筋梗塞
α-ケト酸性糖タンパク質の血中濃度上昇
→塩基性薬物のクリアランス低下

プロカインアミド
有機カチオン輸送系により分泌

プロベネシド
有機アニオン輸送系を介して分泌