年明けから研究解放され、必死に10年分過去問解いたあとのヤマ当て妄想記事
予備校に通ってない、完全に個人主観で出すヤマなので注意!


個人的に
「築地の土壌・水汚染問題に絡めた問題」
「ニボルマブの特異副作用」
「カリウム製剤の禁忌肢」
「五輪前のスポーツファーマシスト問題」
は絶対出ると思います



[化学]
ペプチド製剤が熱いので、ガブリエル合成によるアミノ酸合成経路が出る気がする
フタルイミドの合成から確認

claisenとアルドール縮合の違いも、引っ掛けで出しやすいので確認(エステル始動かケトン始動か)

化学ラストの医薬品シーズの探索も化学領域の中では一番薬学らしくて面白い内容なんですが、
近年は実務問題との兼ね合いもあって幅を利かせはじめた生薬・漢方の内容と組み合わせづらく、
同出題枠で争うために問題は出なさそう

キニーネとキニジンはキノリン骨格と、覚えやすいとこだけ拾う
イリノテカンもキノリン


[生物]
脾臓の構造
免疫学が注目される昨今、脾臓の解剖学的内容は近年未出題のため
解剖学は定義のためにall or noneで、知らないと他知識から導出不可なので要確認


[衛生]
水環境
築地移転等で話題になった水質汚濁問題をしっかり確認

何の濃度が問題だったか?
→語呂合わせ「水夫の弁当は生でひっそり苦労」
水銀、フッ素、ベンゼン、トリハロメタン、鉛、ヒ素、6価クロム


「各物質の最大値は基準値に比べ鉛が4・3倍、ヒ素2・8倍、水銀1・8倍、フッ素1・5倍、六価クロム1・4倍。ヒ素が最も多い20カ所で検出された。」
「土中ガスからはベンゼンが検出されている」
「基準値の1.6倍の「トリハロメタン」が検出された」
(マスコミ報道より)

「今回の土壌詳細調査については、5月に概況調査(表層土調査)を実施した111地点のうち30地点において、有害物質5種類(1) 溶出量試験:ヒ素、フッ素、水銀、六価クロム、2)含有量試験:鉛)が基準を超過したことから実施いたしました。
具体的には、9月から11月にかけて26地点で土壌詳細調査を実施したところ、土壌溶出量試験については6地点、地下水調査については4地点で基準値を超えるヒ素が検出されました。土壌溶出量試験と地下水調査の基準超過地点のうち2地点で重複があるため、合計8地点で基準値超過となりました。
フッ素、水銀、六価クロムの土壌溶出量試験及び地下水調査、鉛の土壌含有量試験については、いずれも基準値内となりました。」
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/11/22/15.htmlより。

以上の公的文書とマスコミ報道の違い、偽報からエビデンスレベルに絡めた問題も出題可能なので、
そこらへんも確認必須。
ちなみに海域ではフッ素・ホウ素基準値は適用しません。

正直、水環境領域は人・環境・水生生物ごとに基準が分かれていたり、データ・法律・試験法・対象物質がややこしく入り組んでいて、
衛生領域における最難関なので捨てても良い気がします。


また、中国の大気汚染問題も話題に上がりやすく、
「大気指針と室内指針の違いは要確認」


薬理
100%ニボルマブ
副作用も他抗体製剤と異なるものがあるので注目
「日本では欧米よりも高率に劇症1型糖尿病を併発する可能性も想定される」


ナルデメジン
モルヒネの便秘を改善する薬
ロペラミドの逆

インチュニブ(一般名:グアンファシン)
「小児」ADHD治療薬
選択的α2A アドレナリン受容体作動薬
1 日 1 回
非中枢刺激薬
ADHD 患者の前頭前皮質では、後シナプスのα2A 受容体 の活性化レベルが低く、シグナル伝達が減弱している可能性がある
後シナプスのα2A アドレナリン受容体を選択的に刺激することで、減 弱しているシグナル伝達を増強させる
(前シナプスの自己受容体ではない!!!!)

メチルフェニデートのように脳を興奮させるわけではない
アトモキセチン(Mao取り込み阻害、NAdトランスポーター阻害によりNAd量を増やす)に近い


ザルトラップ VEGF-Aに高親和性で結合する受容体
「本当に費用対効果があるのか?」と、医療経済学で度々話題に上がる新薬


現役生が実習中に触れる新薬が出題されやすい?という何の根拠もない仮説から

キャップエンドヌクレアーゼ阻害薬のインフル治療薬がギリギリ出題から逸れるかなと思います
ただ、とっても話題になってるので確認だけはオススメ
新機序なので知らないと解けません

他にアプレピタント、トルバプタン、アリピプラゾールなど新規機序開発医薬品は出題者がウズウズして出したがるので詳細機序も確認


[薬剤]
摩擦が近年出題されてないので怪しい
youngの式も確認


[病態]
某医師等によりワクチン関連が現在に至るまで度々話題に上がるため、関連をチェック
ポリオは現在不活化ワクチン
ロタは経口
麻疹は空気感染and生ワクチン



[法規]
法改正により「個人情報取り扱いは5000人制限」が撤廃

要注意個人情報の内容について
(7項目なので必須問題で出しやすい)


[実務]
100%カリウム製剤で禁忌択
急速静注絶対ダメ
濃度、時速、日量も確認

健康サポート薬局の定義
都道府県に審査される(認められないこともある)

オリンピック目前なのでスポーツファーマシスト
101回に出して正答率2%のヤバい問題がプール問題(既出問題)として復活する可能性あり
ホミカエキス……ストリキニーネ(興奮作用)
メトキシフェナミン……β2刺激作用
プソイドエフェドリン……興奮作用

逆に、ジヒドロコデインは濃度によらずセーフ
カフェインは監視対象だけどセーフ

特定競技とは?
「水ダコ寿司の味にびっくり」
水中スポーツ、ダーツ、ゴルフ、スキー、射撃、アーチェリー、自動車、ビリヤード

β遮断薬が禁止される
(考え方としては常に交感神経を張り巡らせたいわけではなく、心を落ち着ける必要があるスポーツ)



物理は特に話題になったものもなく、絡めにくい内容なのでどこが出るかさっぱり
酸塩基反応の影に隠れて電池が空気なので、復刻するかも?
そろそろ必須で引っ張りだこなSI単位系が理論に参入する……気がしなくもない



以上でーす
国試頑張ろう!!!!