LunaPharmacist

月の裏で会いましょう

カテゴリ: 臨床

胆汁酸吸収抑制というと、コレスチラミン(陰イオン交換樹脂)が思いつくのですが、
今回は脂質異常症ではなく慢性便秘症での効能が見込まれて上梓された新薬

「グーフィス」(一般名:エロビキシバット)
image

(グーフィーに名前似てるなあ〜とすこし)

をかるーく学んでいこうと思います。
便秘症領域は数十年ぶりの超新星として「ルビプロストン」が出たことで話題になり、ガイドラインが即対応したことで一気に敷衍された印象です

ルビプロストンは開発エピソードがとても面白く、1人の医師の方が尽力して創薬にこぎつけた新薬なんですよね

そこからさらに新しい薬が出るとは驚きですね
出先でスマホから書いてるので、とくにフォント色変更などありませんごめんなさい。


公式URL
http://www.eapharma.co.jp/medicalexpert/product/goofice/information01.html


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソース:http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201803/555022.html

このまえ構造取り上げ記事で抗インフル薬を取り上げたなかでの流れ。

インフル治療薬は現存のものですら臨床での使い分けが怪しいのに、
(EBMとインフル薬物治療の乖離は割と話題ですね)
さらに1剤増えてしまったらもう混迷極まって国試受ける側として困り果てるしかないというね!!

そもそもこういうインフル治療薬って投与しても、プラセボと比較して半日くらいしか変わらないって見たことあるんじゃが!!

ギリこの期間だと来年度国家試験には影響与えないかもしれませんが、不安の種であることには変わりません。

mRNA合成の開始に関わるキャップ依存性エンドヌクレアーゼの活性を選択的に阻害し、
ウイルスのmRNA合成を阻害することで、インフルエンザウイルスの増殖を抑制する

原理自体はかなりシンプル。
脱殻やら吸着よりも分子生物寄りな薬理機序ですね。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

地域医療支援病院は
病院の規模は原則として病床数が200床以上の病院であること。
他の医療機関からの紹介患者数の比率が80%以上(承認初年度は60%以上)であること。あるいは紹介率40%以上かつ逆紹介率60%以上であること。
他の医療機関に対して高額な医療機器や病床を提供し共同利用すること。
地域の医療従事者の向上のため生涯教育等の研修を実施していること。
救急医療を提供する能力を有すること。

いわゆる大病院で、特定機能病院≠地域医療支援病院

wikipediaによると「山梨県には承認病院がない」とのことで、調べてみるとたしかにない。
やっと、平成28年7月1日に山形県立中央病院が認められたそうです。
(ソース:http://www.ych.pref.yamanashi.jp/gaiyo/tksk_renkei.html)

となると、「山梨大学医学部附属病院」は承認されていないのかな?と気になるところ。
厚生労働省の病院一覧(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001hx9n-att/2r9852000001hxf2.pdf)を見ると、たしかに特定機能病院として認められてはいるものの、地域医療支援病院はない(H23の資料)

なんでだろう……?

地域医療支援病院と特定機能病院の違いについてまとめる必要がありそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

job_preast
ソース:「中絶薬を「信仰上の理由」で投薬拒否」

日本は無宗教、正確には無興味なのでとくに宗教と医療にまつわるこういった出来事はなかなか起きません。
……と、はっきり断言はできず( ´ω`)/
輸血において、瀕死の息子への輸血を両親が信仰の事情により拒否したってケースを聞いたことがあります。
(ソース:輸血拒否 – 1985年大ちゃん事件)

その事例とは違って、今回は医療従事者側が自らの信仰を掲げて拒否したケース。
さらに、ここで薬剤師が何らかの法律に問われるわけではなかった。その理由が
「カナダでも、宗教上の理由による投薬の拒否は許されています。」
こういった事情があるのは初耳でした(´▽`)
中絶の是非についてはなかなか簡単に取り扱える問題ではなく、単純にOK / ダメとは言いづらい内容。

ただし、今回の例に関してひとつ言えることがあります(๑'ᴗ'๑)
患者さんは「体に負担の掛かる胎児を取り出す手術をする」ために中絶薬が処方されていました。
それでも、自らの信仰を理由に調剤を拒否した。
このことについて筆者はこの患者が嘘をついていると判断したからではと推測しております。

しかし、そう判断する根拠はあったのでしょうか|ω・)
対面で処方するとき、嘘をついているようにおどおどと怪しく振舞っていたのか。
言葉尻が震えていたのか、あまり目を合わせようとしなかったのか。


もしかしたら、自らの価値観から「どうせ中絶だろう」と色眼鏡で見てしまったのかもしれません。
恋する乙女が相手のどんな行動も好意的に捉えるように。
人は一度疑った視点で見てしまうと、どのような行動をとっても怪しく見えてしまいます。

これからの時代、多国籍化は比較的縁のない日本においても確実に加速していきます。
出生率は徐々に下がり、止まらない高齢化によって国が国として成り立たなくなっていくためです。
そんな世相から、自らの価値観をしっかり形成したうえでそれを強要せずに理解しあう土壌。
価値観に振り回されず客観的に患者と接していく必要性、あると思います( ∩ˇωˇ∩)

このエントリーをはてなブックマークに追加

seidouitsusei_syougai_woman
ソース:「先月まで私は女だったのです。何か問題でも?

性同一性障害の患者が戸籍を男性に変えた場合のケース。

男性と女性では検査値の評価が変わるというもの。特に違和感なくすんなり理解できることかと。
例えば体重。
男性は重く、女性は軽いのが標準。 体脂肪率では女性の方が高いです。
ここで取り扱われていたのは肺活量、こちらは患者の努力次第で値が変わってしまうってやつなのでちょっとややこしいかも?
重要なのは「比較的最近、他の医療機関で同様の検査を行ったときは問題なし」
このときは"女性"のままで、今回は"男性"として評価されたからこのようになったんでしょうな( ´ω`)/
これ、女性→男性だから違和感に気づけたから臨床検査技師の方の目に引っかかったのでしょうが、逆だったら多少悪化しててもそのままスルー(女性の基準は緩いから)されてたと思うと恐ろしい話。
最後に述べているように、検査値で見るのは生物学的な性差であるセックス(sex)で、社会学的な性差のジェンダー(gender)ではありません。

そういった評価だけでなく、検査値自体が変わることもあります(・ε・`)
この値の変化で分かりやすく有名なものだと、腎機能を評価するときに用いられるeGFRという値。
詳しくはこちらのページに分かりやすくまとめられています→「腎機能を計算する方法は?

性別の取り違いのせいで、薬物の副作用(腎障害)を間違えて評価しちゃうこともあるかもしれません。
このミスを防ぐ手段を、やんわりと患者と親しくなって打ち明けてもらうくらいしか思いつきませんでした。
デリケートな内容ゆえに綺麗な解決策はなし(´-ω-`)
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ